発毛剤の種類によるメリットデメリット

薄毛の方の強い味方である発毛剤。

日本だけではなく世界中に様々な発毛剤があるわけですが、発毛剤には大きくわけると2種類、経口薬と塗布薬というものに分かれます。

どちらの発毛剤も効果は期待出来るのですが、やはりそれぞれに特徴がありますので、どちらを利用するかというのは簡単には決められないものです。

まず、前者の経口薬についてですが、経口薬の発毛剤というのは、日本よりも海外の方が人気が高いのではないでしょうか。

ミノキシジルタブレットなどは有名で、海外ではミノキシジルを利用する際にはこちらのタイプがメインとなっています。

ミノキシジルの含有量も塗布薬よりも多くその効果も強力ですが、その分体に与える負担や副作用は強いため、使用には注意が必要となります。

塗布薬というのは、そのまま患部に塗って使う物です。

塗布薬のメリットというのは、何と言っても狙った部分だけに効果を出させることが出来るということです。

経口薬の場合は、髪の毛だけではなく胸毛や腕、足といった部分まで発毛効果が及んでしまいますが、塗布薬ではそういったことはありません。

しかし、ミノキシジルの含有量はやや少ないことが多く効果自体は薄いものの、副作用の心配も少ないというメリットがあります。

安全を取るか効果を取るかというのは自由ですが、利用するには医師の判断を仰ぐなど慎重にしなくてはならないのです。

発毛剤の主要成分ミノキシジル

日本では発毛剤というと有名メーカーから発売されているミノキシジルが配合された塗布薬が一般的です。

ミノキシジルというのは、元々は血管拡張剤として開発された成分であり、高血圧などの薬として用いられてきました。

その副次的な作用で発毛を促すことがわかったため、今では発毛剤としても用いられるようになっています。

さて、このミノキシジルは日本だけではなく海外でも用いられていて、むしろ海外の方が本場の薬です。

日本では塗布薬として販売されているのみですが、海外では本来の利用方法である経口薬として用いられることも多く、その効果も日本よりも強いものとなっています。

海外で用いられているミノキシジルはタブレット方式で、ミノキシジルタブレットという名称で各国で販売されています。

含有されているミノキシジルの量も日本の発毛剤よりも多く、発毛剤としての効果もそれだけ期待出来るとされています。

純粋に発毛剤としての効果はタブレット方式が最強とも言われていますが、頭髪だけでなく全身の毛に効果がありますので、多毛症となる恐れもあります。

そうした意味では、塗布薬として販売されている発毛剤は、効果はやや薄いものの狙った部位だけに利用が出来、副作用の心配も要らない安全な発毛剤と言えます。

発毛剤の効果を期待する

発毛効果が高いミノキシジルが含有されているタイプの発毛剤を使うと、これまで使っていた育毛剤の効果よりも更に高い育毛効果を実感することができるはずです。

髪の毛には毛周期があり、新しく髪の毛が作られる時期と古い髪の毛が抜け落ちる時期があるのです。

その時期のサイクルが活発になるのが発毛剤の効果です。

発毛剤をつけてしばらくすると、抜け落ちる予定の髪の毛の量が一気に増えるのです。

これは薄毛が促進しているという状況でもなく、新しく若い髪の毛が生まれ変わるために古い髪の毛を取り除いている状態なのです。

この状態を初期脱毛と言うのですが、これに驚いて発毛効果が高い発毛剤を使うのを断念する人がいます。

そんな事から、効果が高いタイプの発毛剤を使う時の注意を良く守ってその動向をチェックする事です。

自分が必ず入ると信じた発毛剤は、しばらくは我慢して使い続けることが大事です。

数ヶ月後にはその発毛剤の本来の効果が出てくるようになるので、その結果を基に発毛剤の効果を判断するべきです。

このあたりの情報はネットで探しても見つかるので、使ってる発毛剤の効果が思わしくないと思っても、その集めた情報を元に我慢して使い続けることが大事になります。

発毛剤ブブカを一年使った感想

bubuka2

生え際がまるで剃り込みを入れたように薄くなったのは、かれこれ3年ほど前からです。
前髪を下げることでごまかしていましたが、やがてつむじの部分も薄さが目立ち始めてしまいました。
このまま放置していては全体的にもっと薄くなってしまうと危機感を覚え、対策の方法を考え始めました。

年齢的にもまだ30代と、薄毛になるにしては比較的若いほうですし、AGA治療を受けることも考えました。
しかし副作用等の心配もありましたし、なんとなく人に診られることへの抵抗も感じていました。
症状的に発毛剤でなんとかなるかもしれないという思いもあり、市販の育毛剤を購入して対策することを決定しました。

多くの発毛剤のなかからブブカを選んだ理由としては、口コミの良さと提示されているデータの信ぴょう性でした。
正直に言えば他にもっと安い発毛剤が売られていたので、購入を一度は躊躇しました。
しかしどうせ対策をするのなら本当に満足できるものを買いたいと思い、ブブカを購入することに決めました。

使い方についてですが、シャンプーをして乾かした髪にブブカを直接塗り、手で伸ばすというものです。
初めこそ戸惑いましたが、二回目からはすぐに慣れて簡単に使えるようになりました。
変な臭いもしないですし、使い心地もサッパリとしているので、洗髪後に使っても不快感を感じることが全くありません。

毎日の洗髪後にブブカを使用するようになり、一週間が経過した頃に最初の変化を感じました。
といってもいきなり髪が生えてきたというわけではないのですが、髪の質が明らかに向上していることを実感できたのです。
毛の一本一本がイキイキとしたような感覚で、黒々とし、コシが出て太くなったように感じられました。

二ヶ月が過ぎると、今度は抜け毛の数が減少しました。
以前は髪をクシャクシャにしながらドライヤーをかけると10本単位で抜け毛が発生していました。
しかしこの頃にはそのような抜け毛がほとんど無くなり、残っている髪の毛が逞しさを増していることを実感しました。

そして半年が過ぎ、待ち望んだ増毛の効果が少しずつ現れます。
剃り込み状態だった生え際が着実に埋まり、つむじの周りにも新しい産毛が広がっていったのです。
その差はブブカ使用前に撮った写真と見比べると一目瞭然で、家族と一緒に大喜びしたことを昨日のことのように覚えています。

そして現在ですが、さらに髪の毛が増え、フサフサまであと一歩というところまできています。
まさかここまで効果が出るとは思いませんでしたが、信じて使い続けてきて本当に良かったと感じています。
参考:発毛剤の口コミ評価ランキング

後悔しない発毛剤選びをしましょう

気がつくと髪が薄くなってきた、おでこが後退してきた、家族に指摘されたなど薄毛に気付くタイミングは人それぞれです。
そうなった時に多くの方はこれ以上薄くなりたくないと考えるのが一般的でしょう。
しかしそうは言ってもどうすれば良いのかというのはなかなか人に相談できないものです。
同じ薄毛の人に相談するのも、何だか相手の薄毛を認めているようで申し訳ないものですよね。
そこでやはり最終的には発毛剤を使用しようという考えに行き着くものではないでしょうか。
とは言っても薄毛の原因は人それぞれで、自分に最も効果のあるものを見つけるのは難しいものです。
薬局で目についたからとりあえず買ってみたなんて場合、もしかしたら自分の体質には合わずに効果が出ないかもしれません。
一度効果が出ないと諦める人も多く「発毛剤なんてどれを使っても効果なんか出ないんだ」と自暴自棄になってしまうのです。
そうならないためにも、自分の薄毛の原因やタイプを知ることは発毛剤を選ぶ際に非常に大切なことだと言えるでしょう。
自身の薄毛のタイプを知るために、まずは現実を知りましょう。
前髪が後退しているM字ハゲタイプなのか、全体が薄いのか、後頭部だけ地肌が見えているのかなど人によってタイプは違います。
よくわからない場合は思い切って自分の頭の上から写真を撮ってみると良いです。
薄毛を治すためにも今ある現実を受け入れる覚悟をしましょう。
そして自分のタイプを知り、そのタイプに合った発毛剤を使用してみましょう。
しかし人によってはタイプ別に分けられない、複合型(前髪と後頭部が同時など)の方も数多くいます。
どれを選べばよいかわからない場合はズバリ「リアップ」がオススメです。
リアップにはミノキシジルという発毛効果のある成分が配合されているのですが、日本製の発毛剤でこれが使用されているのは何とリアップだけなんですね。
高い発毛効果を期待したいという方には、これはとても魅力的に映るのではないでしょうか。
他にも発毛効果を期待できる成分は色々ありますし、他の製品に使用されていますが、やはり効果の高さではミノキシジルは非常に素晴らしいことは紛れもない事実なのです。
そして何よりリアップは育毛剤ではなく発毛剤です。
今ある髪を守るのは勿論、すでに薄くなってしまい生えてくることを期待したい方にはこれ以上ないほど必須なものと言えるのではないでしょうか。
髪が薄くなり、このまま生えてこなくなってしまうかもしれない恐怖と戦うよりも、まずは発毛剤を試してみるのはいかがでしょうか。