憧れのパパになるために家族に内緒で発毛剤始めました

発毛剤の種類によるメリットデメリット

薄毛の方の強い味方である発毛剤。

 

日本だけではなく世界中に様々な発毛剤があるわけですが、発毛剤には大きくわけると2種類、経口薬と塗布薬というものに分かれます。

 

どちらの発毛剤も効果は期待出来るのですが、やはりそれぞれに特徴がありますので、どちらを利用するかというのは簡単には決められないものです。

 

まず、前者の経口薬についてですが、経口薬の発毛剤というのは、日本よりも海外の方が人気が高いのではないでしょうか。

 

ミノキシジルタブレットなどは有名で、海外ではミノキシジルを利用する際にはこちらのタイプがメインとなっています。

 

ミノキシジルの含有量も塗布薬よりも多くその効果も強力ですが、その分体に与える負担や副作用は強いため、使用には注意が必要となります。

 

塗布薬というのは、そのまま患部に塗って使う物です。

 

塗布薬のメリットというのは、何と言っても狙った部分だけに効果を出させることが出来るということです。

 

経口薬の場合は、髪の毛だけではなく胸毛や腕、足といった部分まで発毛効果が及んでしまいますが、塗布薬ではそういったことはありません。

 

しかし、ミノキシジルの含有量はやや少ないことが多く効果自体は薄いものの、副作用の心配も少ないというメリットがあります。

 

安全を取るか効果を取るかというのは自由ですが、利用するには医師の判断を仰ぐなど慎重にしなくてはならないのです。

 

薄毛に効く発毛剤

発毛剤の主要成分ミノキシジル

 

日本では発毛剤というと有名メーカーから発売されているミノキシジルが配合された塗布薬が一般的です。

 

ミノキシジルというのは、元々は血管拡張剤として開発された成分であり、高血圧などの薬として用いられてきました。

 

その副次的な作用で発毛を促すことがわかったため、今では発毛剤としても用いられるようになっています。

 

さて、このミノキシジルは日本だけではなく海外でも用いられていて、むしろ海外の方が本場の薬です。

 

日本では塗布薬として販売されているのみですが、海外では本来の利用方法である経口薬として用いられることも多く、その効果も日本よりも強いものとなっています。

 

海外で用いられているミノキシジルはタブレット方式で、ミノキシジルタブレットという名称で各国で販売されています。

 

含有されているミノキシジルの量も日本の発毛剤よりも多く、発毛剤としての効果もそれだけ期待出来るとされています。

 

純粋に発毛剤としての効果はタブレット方式が最強とも言われていますが、頭髪だけでなく全身の毛に効果がありますので、多毛症となる恐れもあります。

 

そうした意味では、塗布薬として販売されている発毛剤は、効果はやや薄いものの狙った部位だけに利用が出来、副作用の心配も要らない安全な発毛剤と言えます。

発毛剤の効果を期待する

 

発毛効果が高いミノキシジルが含有されているタイプの発毛剤を使うと、これまで使っていた育毛剤の効果よりも更に高い育毛効果を実感することができるはずです。

 

髪の毛には毛周期があり、新しく髪の毛が作られる時期と古い髪の毛が抜け落ちる時期があるのです。

 

その時期のサイクルが活発になるのが発毛剤の効果です。

 

発毛剤をつけてしばらくすると、抜け落ちる予定の髪の毛の量が一気に増えるのです。

 

これは薄毛が促進しているという状況でもなく、新しく若い髪の毛が生まれ変わるために古い髪の毛を取り除いている状態なのです。

 

この状態を初期脱毛と言うのですが、これに驚いて発毛効果が高い発毛剤を使うのを断念する人がいます。

 

そんな事から、効果が高いタイプの発毛剤を使う時の注意を良く守ってその動向をチェックする事です。

 

自分が必ず入ると信じた発毛剤は、しばらくは我慢して使い続けることが大事です。

 

数ヶ月後にはその発毛剤の本来の効果が出てくるようになるので、その結果を基に発毛剤の効果を判断するべきです。

 

このあたりの情報はネットで探しても見つかるので、使ってる発毛剤の効果が思わしくないと思っても、その集めた情報を元に我慢して使い続けることが大事になります。